News・お知らせ
  • 2024年02月21日

     

    2月16日(金)、第27回例会を開きました。ゲスト卓話では、岩手県ユニセフ協会事務局長の反町久美様をお招きし、『岩手県ユニセフ協会について』と題して、協会の支援活動の紹介、ユニセフ募金の種類、使途、内訳などお話しいただきました。

  • 2024年02月13日

     

    2月9日(金)、第26回例会を開きました。例会後のクラブアッセンブリーでは、各委員長よりこれまでの活動の状況や今後の計画など報告がありました。

  • 2024年02月03日

     

    2月2日(金)、第25回例会を開きました。ゲスト卓話では、盛岡信用金庫理事長の浅沼晃様をお招きし、『もりしん121年 〜建築・芸術・地域貢献の観点から』と題して、景観重要建造物に指定され趣溢れる本店建物や保管している美術品、地域貢献活動などお話しいただきました。例会終了後、2月定例理事•役員会を開催しました。

  • 2024年01月26日

     

    1月19日(金)、第23回例会を開きました。会員卓話では、勝部民男会員(三衡設計舎)より『盛岡RC社会奉仕委員会「さくら推進委員会」について』と題して、1974年から植樹した桜の画像を写しながら事歴をお話しいただきました。

  • 2024年01月13日

     

    1月11日(木)、第22回例会と新年慶寿の会を開きました。本年は5名の会員が慶寿を迎えられ、櫻山神社にてご祈祷の後、「喜の字」に場所を移して祝宴を行いました。祝宴は1月1日を合唱、盛岡芸妓による新年の祝舞、櫻山神社の熊手などの抽選会を行い、老舗料亭ならではの料理を堪能しながら会員の慶寿を賑やかに祝いました。

岩手県内初のロータリークラブ

歴史と伝統を重んじて新たな取り組みを

盛岡RCは、日本で一番小さいロータリークラブとして県内で初めて発足しました。
「盛岡木曜会」の名で戦時中も会合を続け、現在に至ります。現在、伝統を重んじながら、各委員会の奉仕プロジェクトを通じ、ゆるぎない「奉仕の精神」で地域を創生しております。